審美歯科治療の種類

メタルセラミッククラウン

メタルセラミッククラウンとは

メタルボンドメタルセラミッククラウンは、被せ物や差し歯の全体をセラミック材料(陶器材料)で覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療です。
すべてセラミック素材(陶器材料)でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。

メタルボンドの特徴

メタルボンドの特徴
メリット

金属を使用するので丈夫で強度があり、割れにくく長持ちである。
内部を強固な金属で補強するのでブリッジや連結冠などに用いる。

デメリット

セラミックに比べて、治療費を押さえることができる。保険対象外となるため、高価となる。

色調や天然歯のような透明感は感じる事ができす、見た目はセラミックを用いた被せもの、詰めものと比べると劣ります。金属を全く使用しないオールセラミックと比べ、やや劣ります。

また、使用する金属により、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性がある

メタルボンド症例

来院時の状態

来院時の状態

来院時の状態

治療完了時

治療完了時

治療完了時

お問い合わせ

インプラント治療について

  • 審美歯科治療とは
  • 審美歯科治療Q&A

審美歯科治療の種類

  • オールセラミッククラウン
  • セラミックインレー
  • ラミネートベニア
  • メタルセラミッククラウン
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科治療

審美歯科治療土屋歯科クリニック&worksが選らばられる理由

  • 最新歯科用CTシステム
  • 最新歯科用マイクロスコープ
  • 審美的なインプラント
  • 初診-治療-メインテナンス
  • 数々の実績・経験 土屋賢司
  • 最高の技工士と院内技工室
ページトップに戻る